[オーディション] 【出演者募集】朗読劇「電車を止めるな!」
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月05日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」の発案者、寺井広樹氏原作。銚子電気鉄道を舞台に制作した映画「電車を止めるな!」(2019年冬公開予定)の朗読劇!!脚本、総合演出は「下妻物語」「姑獲鳥の夏」などの映画をプロデュースした神田裕司氏。「ターミネーター2」サラ・コナー、シガニー・ウィーバーなどの声を演じた駒塚由衣、「電車を止めるな!」本編の主役をつとめる古賀司照の出演も決定!!
「電車を止めるな!」公式サイト
https://dentome.net/

■ストーリー
廃線寸前の鉄道会社が企画した起死回生の「心霊電車」企画
カメラを前に社員全員で必死に心霊現象を演出するが視聴者から厳しい書き込みで炎上していた。しかし、丑三つ時に本物の霊現象が起こり始める。電車は止まることなく走り続け、終着駅まであとわずか…参加者、そして銚子電鉄の運命は―――

■神田裕司(総合演出)プロフィール
映画監督。映画プロデューサー。映画「ブリスター!」「幸福の鐘」「下妻物語」「姑獲鳥の夏」「蟲師」「魍魎の匣」「ハードラックヒーロー」など数々の話題作を企画、プロデュース。カンヌ、ヴェネチアではレッドカーペットを歩き、ベルリンではアジア最高賞を受賞する等、世界3大国際映画祭に正式に参加。初監督作品「TOKYOてやんでぃ」で公開初日観客満足度1位を獲得。定期的に映画俳優のための演技WSクラスを持っている。https://marisitendouzi.wixsite.com/yujikanda

■寺井広樹(原作)プロフィール
文筆家。1980年、神戸市出身。
文筆業のかたわら、地方創生事業に進出し、企画プロデュースした銚子電鉄の「お化け屋敷電車」「まずい棒」が話題に。映画「電車を止めるな! 」の原作・脚本を担当。2019年夏に公開のドキュメンタリー映画「伝説の怪奇漫画家・日野日出志」では監督・撮影を務めた。
著書に『泣く技術』(PHP文庫)、『人生の大切なことに気づく 奇跡の物語』(かんき出版)、『崖っぷち銚子電鉄 なんでもありの生存戦略』(竹本勝紀社長との共著、イカロス出版)など多数。http://www.ruikatsu.com/

■駒塚由衣(こまづかゆい)
大学卒業後、劇団四季入団「小さき神の作りし子ら」主演。退団後「煙が目にしみる」「日暮町風土記」「ゴロブリョフ家の人々」「いんげん」「熱風」椿組公演「ドドンコ ドドンコ鬼が来た」「チャングムの違い」「アプローズ」「LiveAirline」など、様々な舞台に出演。多くのドラマ、映画にも出演。 声優として「ターミネーター2」サラ、コナー他、メリル.ストリープ、シガニー.ウィーバーなど、主演女優の声を演じる。 実写版「ライオンキング」でシンバの母サラビ役で劇場公開。一方、藤浦敦三遊派宗家の江戸人情噺を、江戸弁の指導を仰ぎ、12作品を、築地、吉原、銀座で公演している。
【応募締切】
2019年11月28日
【年齢】
16歳~
【性別】
不問
【応募資格】
2019年10月1日(火)現在、中学生以上健康な男女
稽古・本番まで都内稽古場に通い、責任を持って参加できる方(学校授業や行事等を休んでいただく場合が有ります)
※未成年者は、保護者の同意書をお持ちください。
【応募方法】
下記サイト中央にある応募フォームからお申込ください。
http://www.seigetsu-entertainment.com/dentome01ad/
応募にあたってはサイト内を必ずすべてお読みください。
【応募用ページURL】
【備考】
【一般応募の方】なし
※チケットノルマはありませんが、目標数を持って【チケット販売も稽古同様に頑張っていただける方】。

■出演料
1枚~15枚200円、16枚~25枚は1,500円、26枚目以降は3500円のバックマージン(出演料)をお支払いします。
(例・20枚販売の場合、200円×15枚+1500円×5枚=10500円)
【事業者名】
株式会社清月エンターテイメント
http://seigetsu-entertainment.com/