[オーディション] 和歌山と大阪のメンバーで一緒につくる演劇作品。和歌山合宿リハあり。 あなたも新しい仲間と和歌山市民会館のステージに立ちませんか?
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月16日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
2019年9月28~29日(和歌山県:和歌山市民会館)で上演される舞台『酔筆奇術偏狂記』の舞台に出演したい方を募集します。2019年4月から和歌山県と大阪の両方で募集し、合宿などの交流も含めた全14回のロングリハーサルを経て上演します。経験などは問いませんので気軽にご応募ください。

●タイトル
 『酔筆奇術偏狂記』

●日程
2019/9/28(土)本番
2019/9/29(日)本番(仮)

●会場
和歌山市民会館 小ホール(南海和歌山市駅すぐ)
http://www.qualia.ne.jp/civic-hall/access.html
和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁7番地
※南海難波駅から和歌山市民会館までは60分です。

●演出
佐藤香聲(銀幕遊學◉レプリカント)

●作
金沢寿美(三名刺繍)

●原作
金沢天耕

●チケット
前売 3,000円
当日 3,500円

●日程
09月27(金)仕込み
09月28(土)本番
09月29(日)本番予定

●主催
和歌山と大阪をつなぐ~演劇街道きのくにプロジェクト

●作品をもっと知りたい方に
本公演は2014年に作家・金沢寿美(三名刺繍)の所属する劇団レトルト内閣で上演しており、そちらのリメイク作品となります。当時の様子をご参考ください。
○上演時HP
http://www.retoruto.com/suihitsu/
〇ダイジェスト動画
https://www.youtube.com/watch?v=lZ9zkDodkFI
〇産経新聞での記事
https://www.sankei.com/west/news/140816/wst1408160035-n1.html

今回、上演する「酔筆 奇術偏狂記」は、関西小劇場界で活躍する劇作家・金沢寿美(三名刺繍)が書き下ろし、同氏が座付き作家を務める「劇団レトルト内閣」により、2014年に初演されました。
本作は、金沢寿美の祖父であるマジシャン・金沢天耕がモチーフであり、大正から昭和にかけての関西マジック界を描いた意欲作として好評を得ました。
金沢天耕は和歌山に生まれ、明治・大正・昭和初期に活躍したマジシャンでした。
染物屋の主人であった金沢は、商店街の名士に呼び掛け、昭和6年、城下町の中心地「ぶらくり丁」において「和歌山アマチュアマジシャンズクラブ」を結成。当時としては全国で二番目の設立だったそうです。
ところが西洋マジックはまだ浸透しておらず、しかも素人が芸事をする時代ではありませんでした。
しかし紀州藩の繁栄を色濃く映す文化都市であった当地の文化人たちには、進取の気性に富んでいました。
祖父とその仲間は世界的に有名なマジシャンを和歌山に招くなど、積極的に最新芸能を吸収していきました。
このプロジェクトは文化都市・和歌山の魅力を再発見するプロジェクトです。
今まで知らなかった文化の国・和歌山の表情に光を当てます。和歌山において新たに演劇に興味のある人を募集し、大阪と和歌山の二カ所で交流を重ねながら上演します。
また、歴史ある「和歌山マジシャンズクラブ」のメンバーたちにも出演してもらい、華麗なマジックで舞台に華を添えてもらいます。

■作家より■
長年、大阪で活動を続ける中で、和歌山出身の俳優が大阪で活動していることを知りました。
若者は和歌山で演劇活動を発展させることは難しいだろう、そんなイメージを抱き、大阪にそして東京に出るのです。
しかし、紀州藩のもとで新しい気風の吹いていた和歌山を知るにつれ、和歌山には大きな文化のポテンシャルがあると気づきました。
それを何より和歌山の皆さんに知ってほしい。
ただ、同地で上演するだけでは、一過性に終わってしまうと考えた私たちは、なんとか地元で演劇に興味のある皆さんと一緒に作ることはできないだろうかと思いめぐらせはじめました。
今回の「和歌山と大阪をつなぐ~演劇街道きのくにプロジェクト」はそんな思いで立ち上げました。
演出には私の師匠であり、新たな表現をもって海外で活動してきた佐藤香聲氏を迎えます。
和歌山が好きな人も、あまり知らなかった人もこれを機に和歌山のことを知って下さい。皆さんのご応募をお待ちしております。
金沢寿美(三名刺繍)

【演出家・佐藤香聲】
在阪の大手広告代理店でのCMプランナー、在阪テレビ局での番組ディレクターを経て、
現代演劇やコンテンポラリーダンスなどのパフォーミング・アーツ作品の演出家・作曲家に。
1998年からの7年間、文化庁の芸術家派遣プログラムなどにより、香港、タイペイ、上海シンガポールなどのアジア各都市を始め、
ロサンゼルスやパリなど、海外での演劇フェスティバルへの参加、受賞経験も豊富。

【劇作家・金沢寿美(三名刺繍)】
和歌山県岩出出身。大阪の人気劇団「レトルト内閣」の座付作家・作曲家。
女性ならではの叙情的な台詞で、耽美世界を作り上けるかと思えば、狂気のような言葉の羅列で観客の心をさっくり刻むという、
エレガントかつエキセントリックな作風か特長。
【応募締切】
2019年2月13日
【年齢】
おおむね16歳~36歳
【性別】
不問
【応募資格】
今回のオーディションは大阪と和歌山、それぞれで実施します。各オーディションの日程と会場は異なりますので、ご注意ください。
原則、大阪付近の在住の方は「大阪チーム・オーディション」に、
和歌山在住の方は「和歌山チーム・オーディション」にご応募ください。
なお、どちらのチームも、大阪または和歌山、それぞれのリハーサル日程にすべて参加が条件です。
リハーサルの終盤には、大阪と和歌山、両チームでの合同合宿リハーサルを行います。

1)和歌山を題材とする舞台に立ってみたい!
→まだ和歌山のことを良く知らなくても大丈夫です。
舞台を通じて共に和歌山の歴史を知り、和歌山弁を学びましょう。

2)歌またはダンス、マジックの経験者
→もっとステージでの表現力を高めたい方。
公演会場の和歌山市民会館は500名キャパシティーのホールです。
広い劇場で技術を磨きましょう。

3)学びながらステージに立ちたい
→ワークショップ型の公演となっております。
特に和歌山においては、発声から身体の使い方など基礎訓練をあわせて行います。

4)これまでの演技の経験や実績をもっと試したい!
→演出家の佐藤香聲は、コンテンポラリーダンスなど、
パフォーミング・アーツ作品を手掛けてきた演出家であり、
海外での実績も多数あります。
身体性や音楽性などの佐藤メソッドを通じて、
今まで経験できなかった演劇の作り方を体験してみませんか。


◎出演条件(参加費)
オーディションの際に応募者の素質や経験、実績などを総合的に検討させていただき、下記の出演条件とさせていただきます。

1)実績と経験、対応力などを判断させていただき、基準に達した場合、出演者自身のチケット売上のキャッシュバック
  ※返還のパーセンテージについては要相談
2)参加費30,000円(3000円×10枚 チケットノルマとして)
・チケットバックとして、11枚目の販売から1枚当たり500円お支払いします。

◎備考
ヒテオで収録したリハーサルを、ネット上にアッフ(限定公開) します。各地域ごとのリハーサルをチェックし、復習などに使ってください。

※進捗は随時ジャパントータルエンターテインメント公式ページにて更新します。

※健康で、おおむね 16~36歳。
※舞台経験の有無は問いません。
※劇団やプロダクション、芸能事務所などへの所属は問いませんが、必ず事前に、所属先からの許可をもらっておいてください。
※大阪・和歌山合同合宿の宿泊場所は当方で用意いたします。個室やホテル泊など宿泊プランを変更したい方は個人での手配と費用負担をいただきます。
また、各合宿場に通える方について、宿泊は用意致しかねます。
※稽古場への交通費は自己負担となります。ただし、長距離移動が余儀なく必要とされる場合、当方で全額または一部負担いたします。
【応募方法】
下記URLをご参照ください。
https://jt-entertainment.co.jp/event/event.html?eid=e0000041
★オーディション開催日★
◎大阪オーディション
2月17日(日) 17:00~/19:00~
2月24日(日) 15:00~/17:00~
※第2希望までをお選びください。
※応募人数により、どの日程で参加いただくかお知らせさせていただきます。

◎和歌山オーディション
4月14日(日)14:00~18:00(海南スポーツセンター・スタジオ小)
5月6日(月・休)14:00~18:00(和歌山市民会館・第二練習室)

◎応募締め切り
大阪 2019年2月13日(水)23:59

海南市 2019年3月21日(木)23:59

和歌山市 2019年4月21日(日)23:59

◎大阪オーディション会場
藝術工場◉カナリヤ条約 四ツ橋線「北加賀屋駅」より徒歩5分
大阪市住之江区北加賀屋5丁目5番35号
https://canaryconvention.wordpress.com/

◎和歌山オーディション会場
■海南スポーツセンター・スタジオ小(南海和歌山市駅徒歩5分)
海南市船尾260番地3
http://www.city.kainan.lg.jp/shiyakusho/sisetusyosai/1427711389838.html

■和歌山市民会館・第二練習室
和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁7
http://www.qualia.ne.jp/civic-hall/

※応募フォームの自己PRの欄にオーディション参加希望時間を第2希望までご記入をお願いいたします。

例)オーディション参加希望日時  
 2月17日17:00~、2月24日17:00~

オーディション書類審査の通知は2019年2月16日までにメールにてご連絡をさせていただきます。
※2月14日を過ぎても通知がない場合は、システムなどの不備によりメールでのご連絡が届いていない可能性がございます。
 お手数ですが、弊社のお問い合わせメールアドレスにご連絡をお願いいたします。
※リハーサルの出席確認のアンケートフォームなどもおくりますので、メールでの受信設定をお願いいたします。

 ジャパントータルエンターテインメント株式会社
  制作部 info@jt-entertainment.co.jp

<郵送で応募の方は>
●名前(フリガナ)
●年齢
●住所
●携帯番号
●メールアドレス
●現在の職業
●身長
●スリーサイズ
●写真 (バストアップ)
●活動経歴(経験・芸歴)あれば
●自己PR
●芸能事務所の所属の有無
●舞台出演経験の有無
●ご覧の情報サイト名
上記項目と共に「「酔筆 奇術偏狂記」オーディション応募」と記載してジャパントータルエンターテインメント宛までお送り下さい。

〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野3丁目16番12号 ジャパントータルエンターテインメント株式会社 「「酔筆 奇術偏狂記」」 まで
【応募用ページURL】
【事業者名】
ジャパントータルエンタテインメント
https://jt-entertainment.co.jp/