[オーディション] 落語ベースオリジナル短編映画オーディション
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月06日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
☆映画にエキストラではなく役をもらって出たい!!
☆実績ある監督の作品に出たい!!年齢不問の新人募集!!
☆あなたの映画デビューは神田裕司監督が叶えます!!

☆2017年10月23~24日にかけて落語現代オリジナル短編映画『死神』無事撮影終了しました!
今作では18名(3名×6チーム構成)がメインキャストとして出演を果たしました!

◎神田裕司(かんだゆうじ)
JAT[一社]日本タレント協会 常任理事 
1965年3月15日生まれ
東京都葛飾区出身在住。墨田川高校。成城大学文芸学部。映画監督。映画プロデューサー。
Copyright (c) 2017.2. JFP All Rights Reserved

◎映画・テレビプロデューサーとしての実績
映画『ブリスター!』『ピストルオペラ』『幸福の鐘』『下妻物語』『タナカヒロシのすべて』『オペレッタ狸御殿』『姑獲鳥の夏』『蟲師』『魍魎の匣』『ハードラックヒーロー』、テレビでは『ボイスラッガー』『鉄鋼機ミカヅキ』など数々の話題作に企画/プロデュース等の立場で中心的に携わる

◎次回作品は2018年4月頃に撮影します!!

次回作品は、2018年4月頃に撮影します。「TOKYOてやんでぃ」でも登場したあの演目として!!連動作品の出演者として映画史に名前を残しましょう!!

☆出演者の体験談!
「私は今回が初の映画撮影でした。演じるのもカメラで撮って頂くのも何もかも初めての経験で、終始緊張をしていました。
ですが、神田監督の優しくも厳しい演技指導などで、どうにか緊張しながらも演じることが出来ました。
今回の撮影で演じることの難しさや周りのスタッフさん達の存在の大きさなどなど沢山のことを知ることが出来、とても勉強になりましたし、良い経験になりました。
これからも前向きにいろいろと挑戦して行きたいと思っています。」

「神田監督とは3度目の撮影でしたが、今回も軽快な現場さばき。見事でした!神田監督はどんな俳優がきても、あふれる演出力でなんとかしてしまう。凄いと思います。「演技」を演出できる映画監督が本当に少ない中、神田監督は、映画界にとって得難い存在だと思います!
神田監督の作る「画」が、もっと世界に注目される日が、必ず来ると思います!
自分もそこに、絡んでいきますよー!」
【応募締切】
2017年11月30日
【性別】
不問
【応募資格】
満18歳以上の男女80歳位まで 
経験不問未経験者歓迎します。
【応募方法】
★一次審査
(WEB応募)オーディション専用ページ内の応募フォームより必要事項を入力の上送信して下さい。
募集期間 2017年11月1日~11月30日
合否連絡 応募から1週間以内に合格者のみメールにて通知します。

オーディション専用ページ
http://www.jat.or.jp/rakugofilm

★二次審査
自社運営のJAT乃木坂スタジオにて、実技確認・面談・質疑応答をさせて頂きます。
台本を読んで頂きます。
(所要時間は約1時間を予定しております。)
「実技・面談オーディション開催」
随時行ってまいります。
※二次オーディションはJAT乃木坂スタジオ以外では実施致しません。
〒107-0052 東京都港区赤坂9-5-29 赤坂ロイヤルMs 5F


★稽古期間
キャストが固まった段階で、本番撮影期間までの間制作準備に入ります。その間スキルアップの為の稽古並びに「神田組クルー」として様々な案件に取り組んでいただき、最終的に配役を検討し決定していきます。
その後本番撮影に向けて
監督直伝による集中稽古を行います。
新人の場合はこれにより経験不足を解消し、本番にリラックスした状態で臨めるように段取ります。
また、スケジュール調整も柔軟に行ってまいりますのでお気軽にご相談ください。
★本番収録
本番撮影を行います。
神田裕司監督演出の元、最高の演技を撮影します。
あとは完成を待つだけです。
★作品完成
作品が完成しましたら、DVDとしての流通や国内外の映画祭出品、オンデマンド配信等様々なメディアにてリリースします。
【応募用ページURL】
【事業者名】
JAT[一般社団法人日本タレント協会]
http://jat.or.jp