[オーディション] 今野恭成監督の最新作「チャットレディー(仮)」の主要キャストオーディション
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月02日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
SKE48大場美奈主演で今年の10月に劇場公開された「劇場版 ほんとうにあった怖い話2016」を監督した、若手有望株の今野恭成監督の最新作「チャットレディー(仮)」の主要キャストを募集いたします。

SKE48・大場美奈さん主演で話題を集めたホラー映画『劇場版 ほんとうにあった怖い話2016』。
本作を撮った今野恭成監督が、次回作の主要キャストをオーディションで選ぶことが決定した。
演技経験は不問、やる気さえあれば、注目の若手監督作で映画俳優デビューできちゃうかも!

【作品概要】
うだつのあがらないスキャンダル週刊誌の契約記者の心美。尾行取材がバレてしまい、フリーランス記者に降格されてしまった。
もともと生活費に余裕のないところに痛恨の一撃をくらった心美は、偶然手にしたチャットレディー募集チラシを見て副業をはじめる。
しかし、はじめてみたものの誰からのアクセスもなく、何をやってもダメな自分に心が折れそうになる。
一方で、取材のミスを挽回して編集部に戻る為、新たなスキャンダルを追い始めた心美は、取材中のバーで国会議員の息子でブラック経営者と噂される高木純平と出会い、彼のことを探り、記事にすることを決めた。

―『チャットレディ(仮)』はどんな作品になる予定?

「アメリカ映画『ユー・ガット・メール』のような恋愛映画にしたいと思っています。チャットで知り合った名前も知らない男女が、自然と惹かれ合っていくロマンティック・コメディです」

―オーディションで重視するのは?

「書類審査では、興味を惹かれる特技や趣味を持っているかどうかをチェックします。面接・演技審査ではやる気が一番大事。演技経験がなくても大丈夫です。合格した方には、通常の映画撮影よりもリハーサルや本読みの練習時間を多く設けようと思っていますから。
そして、当たり前のことかもしれませんが、連絡がとれる、遅刻をしない、挨拶がしっかりできるといった一般常識を持った人を求めています」

―主要キャストの具体的なイメージは?

「女性はメグ・ライアンのようなキュートで憎めない子。
男性はトム・ハンクスみたいにカッコいいんだけど、ユーモラスな印象もある子をイメージしています。
その他のキャストも、男女問わず個性豊かで、映画に華を添えてくれるような方々が集まったら良いなと」

―役者志望の読者へメッセージをお願いします!

「情熱を持って、一緒にいい映画を作りたいと思っています。
同志になってくれるような方からのたくさんのご応募をお待ちしています!」
【応募締切】
2016年12月31日
【性別】
不問
【応募資格】
(1)女性 15~30歳(プロ・アマ不問) (2)男性 18~30歳(プロ・アマ不問)
【応募方法】
(1)ウェブ(PC):ホームページの応募フォームより応募。
http://pal-ep.com/audition/

(2)郵送:オーディション用紙(必要事項と未成年者は保護者の同意文を明記)に、写真2枚(全身・上半身各1枚=3ヶ月以内に撮影したもの)を貼付して郵送。
【宛先】〒111-0043 東京都台東区駒形2-2-6
株式会社パル企画 「チャットレディー」A係
【応募用ページURL】
【事業者名】
株式会社パル企画
http://pal-ep.com/audition/