[オーディション] やなぎみわ演劇プロジェクト 『ゼロ・アワー -東京ローズ最後のテープ-』 米国公演オーディション
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月24日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
やなぎみわ演劇プロジェクト
『ゼロ・アワー -東京ローズ最後のテープ-』
米国公演オーディション

『ゼロ・アワー-東京ローズ最後のテープ-』は、現代美術家であり、近年は劇作家・演出家としても活躍するやなぎみわの作・演出で、2014年7月KAAT神奈川芸術劇場、8月愛知芸術劇場(あいちトリエンナーレ招聘)にて、上演されました。
この作品は、歴史におけるプロパガンダと<声>をテーマとして、第二次世界大戦中に実際に起こった史実をもとに描き、大変話題となった作品です。そして2015年1~2月、「終戦70年」を迎えるアメリカで、この作品を上演する運びとなりました。
今回、京都で海外公演のためのリクリエーションを行うにあたり、出演者をオーディションにて選考いたします。京都で稽古とトライアウト公演を行った後、アメリカの数都市で公演を行う予定です。皆さんのご応募をお待ちしています。

◎やなぎみわからのメッセージ
南太平洋の戦艦の兵士たちに向かって「太平洋の孤児たち」と語りかけた魅力的な女性の声。遠く東京から発せられた声の主は日系アメリカ人であり、彼らも日本の中で孤立した「太平洋の孤児たち」でした。
戦後70年の年に日米で上演される「ゼロ・アワー」は、声によって立ち上がる世界をさらに豊かにさせていくつもりです。
本作は、俳優の方々の「声の力」を何よりも求めています。

◎やなぎみわプロフィール
美術作家。1993年、京都で初個展を開催し、1996年以降、海外の展覧会にも多数参加。2009年には、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表作家を務めた。主な作品に、若い女性が自らの半世紀後の姿を演じる写真シリーズ『マイ・グランドマザーズ』、実際の年配の女性が祖母の想い出を語るビデオシリーズ『グランドドーターズ』などがある。数年前から活動領域を演劇にも広げ、2011~2012年、近代日本における諸芸術運動の成立・混淆をテーマとする『1924三部作』を制作・上演したほか、2013年『パノラマ』を鳥の劇場、京阪電車アートエリアB1にて、2014年『ゼロ・アワー-東京ローズ最後のテープ-』をKAAT神奈川芸術劇場と愛知県芸術劇場にて上演した。
【応募締切】
2014年4月20日
【年齢】
20歳~30歳
【性別】
不問
【応募資格】
<オーディション要項>
●日程 2014年4月23日(水)、24日(木)のいずれか一日
*時間帯は15~19時を予定しています
●会場 京都造形芸術大学 京都・瓜生山キャンパス
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
●参加費 無料
●応募締切 2014年4月20日(日)23:59
●応募方法 専用申込用紙に必要事項をご記入の上、件名を「オーディション応募」とし、バストアップ写真、全身写真(1MG以下/JPGデータ)とともにメールにてお送り下さい。こちらからの返信をもって申込受領といたします。

<募集内容>
●男優  20-30歳代(位に見えればOK)、英語が話せる方なおよし
●女優  20-30歳代(位に見えればOK)、英語が話せる方、ダンス等の経験者なおよし
【応募方法】
※オーディション詳細、参加申込み詳細は、下記のリンクよりご確認下さい。
http://www.yanagimiwa.net/

<お問合わせ>
やなぎみわ演劇プロジェクト 担当:井上
yanagi1924@gmail.com
【応募用ページURL】
【事業者名】
やなぎみわ演劇プロジェクト
http://www.yanagimiwa.net/