[オーディション] 北九州芸術劇場プロデュース「彼の地(仮)」出演者募集
      このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月07日掲載
※オーディション申込みの際は必ず
主催者のサイトをご確認ください
【募集内容】
今年の北九州芸術劇場プロデュース作品は、小劇場からミュージカルまで幅広く活躍中、細やかに日常を描いて定評の桑原裕子を作・演出に迎えます。
北九州での稽古を経て、2014年2月に北九州、3月に東京で上演。シリーズ初の女流劇作家・演出家の登場、オーディションにふるってご応募ください!

<作・演出 プロフィール/コメント>
桑原裕子 (くわばら ゆうこ)
KAKUTA主宰。作・演出を兼ね、俳優としては結成以後ほぼ全作品に出演。阿佐ヶ谷スパイダース、道学先生、ブラジルなど外部出演も多数。若手俳優の登竜門「ラフカット」では出演と劇作を手がけ、教育テレビ「中学生日記」「時々迷々」NHKラジオシアターなどへもシナリオを書き下ろしている。また、PS2ソフト「3年B組金八先生―伝説の教壇に立て!」のシナリオにも参加し、同作品のノベライズ「放課後の方程式」では好評を博した。09年には近藤芳正プロデュース「バンダラコンチャ」の演出や映画「ランブリングハート」の脚本を担当、女優としても出演するなど、多方面で活躍の場を拡げている。07年KAKUTA作品「甘い丘」で岸田國士戯曲賞に初ノミネート、同作の再演で09年に第64回文化庁芸術祭・芸術祭新人賞(脚本・演出)を受賞。また、同作は北九州芸術劇場のリーディングセッションでも上演された。11年、世田谷パブリックシアター主催「往転」の脚本が鶴屋南北戯曲賞・岸田戯曲賞の候補となる。10年からブロードウェイミュージカル「ピーターパン」の潤色・作詞・演出を務めている。近年の活動に「星めぐりのうた」(脚本)、道学先生「あつ苦しい兄弟」(脚本・出演)、トムプロジェクト「熱風」(作・演出)など。

演出家コメント
 生まれてからずっと、東京の端にある町に住んできました。
 トウキョウとは名ばかりの、畑と山に囲まれた地方都市です。自然も多いがヤクザも多く、ラブホテル街と中学生のたまり場が同じ区画にあり、近くの基地が飛ばす軍用機がまるで怒鳴りつけるように頭上で轟音を立てる、なんというか、煩雑な町ですが、二十代の頃気まぐれに別の田舎で数年暮らしたほかは、ずっとこの町で過ごしてきました。
 ですから私の書く舞台には、どこか田舎くさく、やや濁った空をした、雑多な我が町のにおいが出てしまいます。
 さて、誠に失礼ながら、小倉の町に降り立ったとき、そんな私の町と近しいにおいを感じてしまいました。
 だから他所で暮らした経験の少ない私でも、ここでやってゆけそうな気がしましたし、単なる憧れとは違う想いで町と向き合えそうな気がしました。
 だけどもちろん、私は純然たるヨソモノです。だから私は、北九州という地の、私に重なるものとはみ出るものを、あの湾の向こうに立ち上る煙のように見つめてみたいと思うのです。そこにある、雑多な物や人や事を。

<オーディション日程>
2013年10月26日(土)・27日(日)10:00~21:00

<会場>
北九州芸術劇場 小劇場(リバーウォーク北九州6階)

<募集人数>
10名程度
【応募締切】
2013年10月15日
【年齢】
不問(高校生以下は保護者の同意が必要)
【性別】
不問
【応募資格】
・年齢・舞台経験不問
・心身ともに健康な方
・下記全日程に必ず参加可能な方

<稽古日程(予定)>※時間帯は変更になる可能性があります。
2014年1月16日(木)~2月17日(月)10:00~21:00
【会場】創造工房 または 小劇場

<公演日程(予定)>
【北九州】2014年2月18日(火)~23日(日)北九州芸術劇場 小劇場
【東京】2014年3月7日(金)~9日(日)あうるすぽっと

※応募者多数の場合は、書類選考をする場合がありますのでご了承ください。
※オーディションの2日前までに、時間など詳細のご案内を郵送します。
※高校生以下の方は、保護者の同意が必要です。
【応募方法】
専用の応募用紙に必要事項を記入の上、下記までお送りください。
専用の応募用紙は下記応募用ページURLよりダウンロードしてください。

<申し込み/お問合せ>
〒803-0812
北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11 7階
北九州芸術劇場プロデュース公演 出演者募集 係
TEL 093-562-2620
【応募用ページURL】
【備考】
主催/(公財)北九州市芸術文化振興財団
共催/北九州市
企画・製作/北九州芸術劇場
【事業者名】